研究活動の一端が京都新聞(12月5日)で紹介されました。